Job offer and Common

定年からの就職

タクシードライバーになるには

タクシードライバーになるためには、まず普通自動車第二種免許を取らなくてはいけません。そして、地理に詳しいなど、いろいろな知識が必要になります。個人タクシーになるには同じ会社で10年以上勤務しているなど様々な条件があるため、まずは求人を探してタクシー会社の乗務員募集に応募してみましょう。 求人を探す方法は、ハローワークに行く、情報誌や情報サイトを活用する、タクシー会社のホームページで求人を探すなどたくさんありますが、特におすすめは情報サイトを利用することです。タクシードライバーの求人専用の情報サイトがありますので、活用しましょう。面接の際のマナーなどお役立ち情報が載っていることもありますので、とても参考になります。

求人募集に応募する前の心構え

タクシードライバーになる前に、自分がタクシードライバーという職業に向いているのか考えてみましょう。運転が好きで長時間運転していても苦にならないことは大切です。そして、道の覚えが良く、計画を立てて運転できることも重要です。 たくさんの初対面のお客様を乗せるため、愛想の良さも必要になります。感じのいい運転手ならばまた利用したいと考えてくれるお客様も多いです。固定客をつかむことは売り上げにつながります。 何より必要なのはやる気です。歩合制のことが多いため、やる気次第で給与を上げることができます。ただし、会社によって給与体系は違いますので、就職・転職前に必ず確認しましょう。求人情報に載せている募集内容をしっかり確認し、自分に合ったタクシー会社を選びましょう。